焼豚の海で溺れたい

俺はヤジブタ、45歳。色々なところに出歩くのが好き!早く痩せて人間に戻りたいよ〜

【LCCで出発】深夜の羽田空港から桃園空港へ

LCCで台湾一人旅。ついに出発日になりました。出発は、羽田空港。朝、5:55発です。GO!GO‼︎GO!!!って感じで良い出発時間です。当然始発でも間に合わないので、終電で羽田入りです。これが、ピーチ航空の運賃の安さの秘密です。ちなみに帰りも0:55羽田空港着ですので、始発帰りです^ ^、

f:id:hawaiira-men:20190330070849j:image

地元の駅から余裕を持って終電一本前に羽田空港に向かい、0:15に到着。出発まで5時間半以上あります。

出国手続きとか差し引いても、あと4時間近くも時間が余ってる。寝とこうと考えるのは皆同じで、横になれるベンチは、ほぼ埋まってます。寝にくいですけど、早めに確保した方が良いですよ。ちなみに男性も女性もみんな寝てるから、全く気にならないです。どちらかというと寝てない方が目立ちます^ ^、
充電スポットも大事です。皆充電器挿したままでどっか行ってます。多分そこらで寝てる人の誰かなんでしょう。
ちなみに空港内にはローソンがあります。24時間営業なのでとても役に立ちます。

 

3時間ほどゴロゴロして、出国の時間が近付きました。最近は便利な世の中でQRコードでゲートに入れます。
f:id:hawaiira-men:20190330070857j:image
いざLCCの中に入ると、やはり雑誌とかアメニティが少ない印象です。座席は、思っていたよりも狭くないです。(私は168センチ股下75センチ75キロ)女性や小柄な男性なら気にならないと思います。シートは薄いですね。軽量化なのかな?
フライト時間2時間半と短いので、これくらいなら全然ありですよ。
ちなみにpeach航空の持込手荷物は2個で合計7㎏までです。一つの荷物の大きさは、3辺合計が115cm以内。預けると有料です。

今回の荷物は、1泊の弾丸旅行なので、大きめリュック一つです。多分30Lくらいです。中にはTシャツ・パンツと靴下くらいしか入ってないです。後でお土産用に折りたためる簡単なバック入れておけば良かったと後悔。

飲み物・機内食は、LCCですので当然有料です。チェックイン後にお茶でも買っておきましょう。少し食べるものも買いたかったのですが、早朝で店がやっていないことに気付く。ローソンで買っておけば良かった^^;

機内には、誰かが食べてるカップラーメンにいい匂いが充満してく~。ちなみにお値段は400円です。つい手が出そうな絶妙な値段設定。

 

 


桃園空港(台湾)に到着。あっという間です。国内線のような速さですよ。

f:id:hawaiira-men:20190330215706j:plain

(出展:台湾桃園国際空港


中々きれいな空港です。
早速、Wifiオンにして、MRT台北に向かいます。wifiはイモトのwifiをレンタルしておきました。ネットで他の人の旅行記を読むとスマホのシムの入れ替え?みたいのを到着してからやっていますが、土地勘のない一人旅初心者ですので無難にレンタルを選びました。

MRTとは台湾の電車のことです。空港内に大きく案内が書かれている見つけやすいです。さあ台北まで一直線です!

シンガポールもMRTって呼び名だったような)

 

本格的に台湾旅行の始まりです!