焼豚の海で溺れたい

俺はヤジブタ、45歳。色々なところに出歩くのが好き!早く痩せて人間に戻りたいよ〜

【釣り銭には気を付けて⁉︎】士林夜市に遊び行く

台湾の夜といえば、夜市。一番有名な士林夜市に行くことにしました。

 MRT劍潭駅から徒歩2分。(紛らわしいのが隣駅のMRT士林駅)

 

士林夜市

f:id:hawaiira-men:20190401075718j:image

かなりゴチャゴチャしています。入口のすぐ横を見ると何人か並んでいる店を発見。

 

f:id:hawaiira-men:20190401075731j:image

ここが夜市で一番有名なお店・士林豪大大雞排です。

大きなフライドチキンが売りの店です。

1個70元(280円)。

辛さを選ぶらしいですが、スパイシーな粉をどれくらいかけるかの差だけみたいです。

とりあえず辣(ラー)といいました。

f:id:hawaiira-men:20190401075723j:image
f:id:hawaiira-men:20190401075727j:image

早速一口パクリ。

ジャンキーな味がして美味いです。

それにしてもデカい。

食べてるとかなりお腹いっぱいになります。

これ以上食べると他のが食べられなくなりそう…色々と食べたいので半分くらいでやめておきました。

(ファミマもこれやったらいいのに)

顔と比較して写真を撮っている観光客がチラホラ見かけます。

流石に1人でやるのは恥ずかしいのでやめておきました^^;

 

⁇、⁇

 

お釣りのコインをしまおうとしてたら、何やら違和感が⁈100元払ったから70元のチキンを買ってお釣りは30元。

でも20元しかない。

やられた⁈(笑)

 

実は、台湾に何度も足を運んでいる義父におススメを聞いていたら、こんなエピソードを聞かされていました。

(義父は中国語がある程度話せます)

父:タクシーで料金支払ってお釣りをもらったら、釣りが足りなかったんだよ。

 「釣り足りないよって」言ったら。

運転手:「すみません」と言ってお釣りを確認してもう一度釣りを渡してきました。

父:(海外だし、そんなもんだろと思い)タクシーから降りてもう一度数えたら、さらに少なくなってたんだよ⁈(笑)

 

自分は中国語を話せないですし、エピソードを知っていたお陰で面白かったので、そのまま立ち去りました。

手グセの悪い店員がいる可能性があるので気を付けてください。


f:id:hawaiira-men:20190401075714j:image

巨大ソーセージが売られています。

味は普通に美味しいです。ソーセージですから。

 

1階は縁日みたいなお店が多いです。少し怪しいのもチラホラ見かけます。

地下に降りると色々なお店がぎゅうぎゅうに入ってます。閑散期に行ったせいか客引きが多くて観察しずらい。

f:id:hawaiira-men:20190401075837j:image

f:id:hawaiira-men:20190401113514j:image

私の大好きな高田純次を発見⁈ずいぶん前の写真だなぁ。でも写真に釣られて入ってしまいました。

f:id:hawaiira-men:20190401075829j:plain

台湾名物・魯肉飯(ルーロウファン)40元だったかな?安いです。味は多少アジアンなクセはありますが美味しいですよ。でも見た目悪いな…

f:id:hawaiira-men:20190401113056j:image

何だこの店は⁈

カエル料理売ってるのか⁈

右の寸胴でカエルを茹でて左のスープをかける?さすが台湾。

そこにお客さんが近寄るではないですか⁈

すげ~、チャレンジャーだなと思っていたら、タピオカのお店でした^^;

本気で驚いてました。
f:id:hawaiira-men:20190401113100j:image

「家郷涼麺」というお店の涼麺(リャンメン)という料理です。

50元(200円)ネットで調べていて行きたかったのですが、かなり場所がわかりずらい。

一見、冷やし中華風に見えるこの料理。

私には不味かったです。(今回の台湾旅行で一番合わなかったです)

麺が粉っぽくてパサパサ、タレは絡み合わない。

何を食べているんだろうといった印象でした。

 

士林夜市を一周しました。

全部で1000円も使わずにお腹いっぱいです。

B級グルメの見どころもあるので面白かったですよ。

間違いなくニセモノの「superme」の帽子が500元で売ってたりしてました。

(話のネタに買えば良かった)

原付が歩道をガンガン突っ込んでくるのでボケっとしてると轢かれます^^;

あと釣銭には気を付けてください。

故意に間違えてくるかもしれません。(笑)