ヤジ★ブログ

タビ メシ ヤセタイ

★★★★★【豚丼と言えば豚大学!】あの新橋の名店・豚大学に新宿校舎ができていましたので、早速入学してきました!

 豚丼と言えば、豚大学!

 ということで、今回は私の大好き豚大学をご紹介します。ブヒッ⁈

おススメ度:★★★★★

 

豚丼とは?

豚丼というと、吉野家がやっている「牛丼の豚肉バージョンかな?」と思う人もいると思います。

ここでいう豚丼は、「帯広名物の豚丼」の方です。

豚丼

帯広発祥の豚丼は、主に豚のロースを炭火などにより焼いたものを甘辛のタレで味付けし、ご飯の上に載せ、グリーンピースや白髪ねぎなどを載せたものである。
古くは1933年にうな丼をヒントに開発されたとされ、開発者の元祖豚丼のぱんちょうでは松<竹<梅<華とランクがあるが、ランクによって変わるのは豚肉の枚数のみである。松が一番安いのは、松屋への意趣返し…ではなく、ぱんちょうの女将さんが「うめ」だからである。

カリッカリに焼かれて、香ばしくて。

これがメッチャハマるんですよー!

 

豚大学

f:id:hawaiira-men:20190724063924j:image

最寄り駅は、西武新宿駅です。

新宿よりの改札を出て、右に曲がり線路をくぐります。

また次の交差点を右に曲がり、まっすぐ歩いて行くと、通りの右側にお店はあります。

駅から、徒歩3分くらいです。

 

新宿駅西口からも、徒歩10分くらいで着きますよ!

 

f:id:hawaiira-men:20190724063914j:image

お店は新しいだけあって、かなりキレイです。

ここしか知らない人は、新橋のお店の汚さを見たら驚くだろうなぁ^^;

butadaigaku.jp


f:id:hawaiira-men:20190724063917j:image

豚丼(大)を注文しました。

830円です。

大きさには、気をつけてください。
女性だったら、(小)サイズで充分だと思います。

(小)➡(中)➡(大)

と大きくなっていくのですが、

その次が(大学院)1,000グラム

さらに、(修士)1,500グラム

そして、(博士)2,000グラムまであるんですよー!

 

f:id:hawaiira-men:20190725144209j:plain

どどーーーん⁈

な、なんて大きさだ⁈

 

f:id:hawaiira-men:20190725144224j:plain

ふつうの牛丼の6杯分くらいの量だそうです。 

ギャル曽根ちゃんじゃないと食べられないですね^^;

 

f:id:hawaiira-men:20190725144238j:plain

でも、注意点があります。

大学院以上は、大学院に入学された人だけなんです。

つまり、大学院を食べきると、その上の大きさの挑戦権を得られるということです。

 

豚大学には、校則のようなものがあります。

かき込むべし

残すべからず

トッピングを楽しむべし

元気になって帰るべし

また、来るべし

 


f:id:hawaiira-men:20190724063922j:image

これは何だろう?

トッピング定期券240円?

有効期限1ヶ月で、10回使用すると1500円お得⁈


f:id:hawaiira-men:20190724063911j:image

 1回の使用で、

味噌汁と、

半熟卵、フライドガーリック、漬物、キムチ、青ネギのどれかを選べるらしいです。


f:id:hawaiira-men:20190724063919j:image

味噌汁50円と他のトッピング110円で、160円

10回使用すると、1600円。

あれ?

1600円−240円=1360円お得の間違えでは?

わかりづらいな…

 

f:id:hawaiira-men:20190724063930j:image

ど〜ん⁈

豚丼(大)です。

豚肉が花びらのように敷き詰められて、真ん中にほうれん草がのっています。

 

よく焼かれた豚肉は、カリッとしていて美味いです!

 

ご飯の量が多いので、おじさんはご飯を普通サイズにした方が良いです。

半熟卵のトッピングが合いますよー!

 

こういうお店は、何度もきてしまいます。

ホント、おススメです!

 

豚大学 新宿校舎

営業時間:月~金11:00-22:00
               土日祝11:00-15:00、16:30-20:15

定休日:無休営業(年末年始除く)

tabelog.com