ヤジ★ブログ

タビ メシ ヤセタイ

浅草橋にある「タイ料理 パヤオ」で、タイ料理ランチを食べてみる(ランチ営業やってます)

この記事をシェアする

 

サワッディーカップ!

今回は、浅草橋にある「タイ料理パヤオ」をご紹介します

あまり慣れてないタイ風の店内で食べるのは、非日常的で楽しかったですよ!

 

行き方は?

 

浅草橋駅・西口を出ます(秋葉原寄りの出口)

 

改札を出て右に進むと、

目の前には、「日本焼肉党」という派手なお店があります

 

f:id:hawaiira-men:20190814121736j:image

 

「日本焼肉党」を正面に左に進むとお店があります

駅から、30秒ほどです

 

タイ料理パヤオ

f:id:hawaiira-men:20190814121809j:image

 

お店は2階です

 

f:id:hawaiira-men:20190814121827j:image

 

「サワディーカー」

 

スタッフがタイ語で挨拶してくれます

 

「サワディーカー」=「こんにちは」

 

女性は語尾が「カー」、男性は「カップ」

 

イタリア語の「チャオ!」みたいな使い方もするそうです。

 

f:id:hawaiira-men:20190814123151j:image

 

タイ風の店内

お盆なので、12時前でも空いてました

 

店名の「パヤオ」ってどんな意味だろ?

パヤオ(浮魚礁)は、漁礁のこと。

回遊魚が流木に集まる習性を利用した漁具の一種で、海面に浮かべるブイのようなものである。 沖縄で浮魚礁がパヤオと呼ばれるのは、フィリピンから導入したためである。 現地で筏を意味する"payao"がそのまま呼び名として使われるようになった。

f:id:hawaiira-men:20190814122144j:image

 

「ガパオ」か「グリーンカレー」か「パッタイ」か…

 

うーん、悩む…

 

「どれも食べたことないしな…」

 

こうなったらローラー作戦です

 

一番上に書いてある、「パッタイ」のランチセットにしました

タイ風焼きそばみたいなものと聞いてます

 

パッタイ 

タイを代表する屋台料理のひとつで、もちもちの米麺(ビーフン)をナンプラーやココナッツシュガー、タマリンドソースで炒めた、甘じょっぱい麺料理。

 

f:id:hawaiira-men:20190814130718j:image

 

パッタイ(800円)登場です

 

タイ料理は、はじめてなので少し緊張します

 

まずは、サラダから

 

モグモグ…

 

普通の日本のサラダです^^

 

 

スープは?

 

ゴクゴク…

 

これまた普通の日本の

 

スープです^^

 

 

さて、本命のパッタイは?

 

レモンをかけて

 

恐る恐るモグモグモグ…

 

普通に美味しいです

 

クセも強くなく

 

同じアジアの麺類なら、 

個人的には、シンガポールで食べた「ホッケンミー」の方が好きだな☟☟

 

f:id:hawaiira-men:20190731233659j:plain

 

最後にデザートらしきものを

 

ココナッツミルクのタピオカです

 

これが一番タイっぽくて良かったです!

 

まとめ

おススメ度:★★★☆☆

感想としては、パッタイは可もなく不可もなく…

次に、自分から注文することはないかな?

 

食べログでは3.70と高得点

他の料理も食べてみたいです

 

何人かで食事して、取り分けても問題なくたべることができるというくらいの印象です

 

タイ料理 パヤオ

営業時間:11:30~14:30 17:00~23:00
定休日:日曜日

公式ホームページ