ヤジ★ブログ

タビ メシ ヤセタイ

台湾のセブンイレブンで、クレジットカードを使ってキャッシングする方法。気になるキャッシングの手数料は?(手順の画像付き)

この記事をシェアする

「えっ⁉︎この店クレジットカード使えないの⁉︎」

 

台湾は、思ったよりもクレジットカードが利用できないことが多いです

 

 そこで今回は、台北のセブンイレブンでのキャッシングをご紹介します

 

では、実際に私が使ったATMでの流れを画像をセットにして説明します☟☟

 

セブンイレブンでキャッシング

f:id:hawaiira-men:20190806224352j:image

このタイプのATMです

 

「中國信託銀行」です

 

日本のクレジットカードは、

「VISA」,「MASTER」,「JCB」が使えます

 

な、なんとアメックスはキャッシングはできないんです⁉︎知ってましたか?

 

(前回の旅行で、アメックスしか持って行かなくて、後半に現金貧乏になりました^^;)

 

「JCB」も使えない店があったので、台湾旅行は「VISA」か「MASTER」を持っていくのが間違いないです

 

f:id:hawaiira-men:20190807003039j:plain

ここにカードを入れます
 

f:id:hawaiira-men:20190807003104j:plain

中国語が標記だとわからないので、

「英文模式English」を選択。ポチっとな⁈

 

f:id:hawaiira-men:20190807003159j:plain

「Withdrawal&Cash Adance」をポチっとします

 

「Withdrawal=引き出し」です

 

f:id:hawaiira-men:20190807003216j:plain

少し見えずらいですが、「日本語」を選択できるようになりました!


f:id:hawaiira-men:20190806224544j:image 

暗証番号を入力します


f:id:hawaiira-men:20190806224554j:image

100元の手数料がかかると説明が表示されます

 

私は「楽天カード」を利用してるので、この手数料はかかりません。


f:id:hawaiira-men:20190806224551j:image

引き出しは、「1000元」からです

 

私は「2000元」引き出したかったので、手元のテンキーで、「2000」と入力して決定を押します

 

カチャンッ♪

扉が開いて、無事にお金を引き出すことができました!

 

「手数料高かったらイヤだな…」

 

セコビッチな私は手数料が気になります

 

 ということで、手数料を計算します

 

私が利用した「楽天カード」の「海外キャッシング手数料」は、

 

「ATM手数料216円」+「キャッシングの金利(年利18%)」です

 

「年利18%⁈」

 

と、少し驚きましたが、計算してみると思ったよりも大分少ないです

 

今回の「キャッシングの金利」は、

「2,000元(キャッシングしたお金)」✕「1元約3.5円」=「約7,000円」

「約7,000円」✕「18%」✕「約30日」÷「365日」=「約104円」

 

したがって、

「ATM手数料216円」+「キャッシングの金利約104円」=「約320円」くらいかかると思います。

「7,000円(2000元)」+「320円(金利・手数料)」=「7,320円」が合計試算です。

*請求前のおおよそで計算しています。±10円も違わないです。

 

*追記

アプリのお陰ですぐに精算額が届きました。

f:id:hawaiira-men:20190808101329j:image

合計金額は、なんと試算よりも低い「6,930円」でした!

内訳は、

「引き出し額」+「金利・手数料」=「合計金額」

        ↓

「6,754円」+「176円」=「6,930円」・・・試算よりも▲390円

 

「引き出し額」は、

「2000元」✕「1元3.377円」=「6,754円」・・・ここで▲246円

 

「金利・手数料」は、

「金利」+「手数料」=「金利・手数料」

        ↓

「68円」+「108円」=「176円」・・・ここでも▲144円

*金利は「30日」ではなく「20日」の計算でした。

*手数料は「216円」ではなく「108円」でした。

 

差額は「390円」ですけど、少ない分にはすごく嬉しいです!

 

せっかくの旅行中に、銀行や両替所を探すのに時間を取られるはもったいないです。

街中にあるセブンイレブンでキャッシングできるのは、コスパ良くて、すぐに見つけられるから安心でおススメです!

もちろん、ファミリーマートでもキャッシングできますよ。

 

ここで注意してほしいのは、台北のスーパーにあるATMは、英語対応すらしてないことがあります。悪戦苦闘したあげく引き出せず、セブンイレブンに駆け込んですぐにキャッシングできました。(あの無駄な時間は何だったんだろう…)

最初からコンビニのATMを探すことをおススメします!

私が戦ったスーパーのATM^^;↓↓

f:id:hawaiira-men:20190807071943j:image

 

海外キャッシングのご利用に関してはこちらから|楽天カード

 

 楽天カード、なかなかやりおるわ~!

海外旅行の保険も、「空港までの移動」もしくは「旅行代金の支払い」で有効になります。

詳しくはこちらを確認してください☟☟

楽天カード: 海外旅行傷害保険

 

海外旅行で便利で助かる楽天カード

 

とても便利な楽天カードにも弱点があります。

 

それは、
・自分で旅行代金を支払わない
・自分で空港までの交通費を支払わない
その時には、保険適用外になってしまうんです。

 

例えば、

・会社の社員旅行で海外旅行に行く。

・空港まで、楽天カード支払いで行けない。

 

そんな時には、別途海外旅行の保険に入る必要が出てきます。

 

 でも、楽天カードの弱点を補うクレジットカードがあるんです。

 

それが、エポスカード です。

 

海外旅行傷害保険が自動で付きます。詳しくはこちら☟☟

エポスカード|海外トラベルサービス|旅行準備

 

エポスカードは最短即日発行 にも対応しています。

旅行直前の申し込みもOKです。

 

まとめ

・海外旅行に持っていくクレジットカードの種類は、「VISA」か「MASTER」がおススメ

(メインのカードが、アメックスなら他にもクレジットカードを持っていった方が良い)

・クレジットカードでのキャッシング手数料は、コスパが良いから安心。

・台北では、街中にあるセブンイレブン・ファミリーマートで、すぐに現金を引き出せる。

 

台湾お役達情報

・日本語で台湾のレストランを予約